Museology  Museology (Faculty of Education, Gunma Univ.)

1.講義目標・講義内容等
 多くの日本人は小・中学生時に一度は博物館に行き、そこの展示を見た経験を持っている。そして、多くの人は「博物館は教育施設である」と認識している。しかし、いまだに「古いものは博物館行き」という言葉が聞かれ、すべての人が博物館を十分に理解しているとは言えない。 博物館は博物館法により規定された機関であり、同法で規定された資格を有する専門的な学芸員が活躍している施設である。この講義では、学芸員になるために必要な、博物館に関する歴史や現状、法的規定、展示や教育などを中心に概説し、修得することを目的とする。

2.成績評価方法
期末試験(60%)、コメントペーパーの記述(20%)、授業に望む姿勢(20%)で評価する。講義に6回以上欠席した場合、単位は取得できない。

主な内容
1 博物館とは イントロダクション:博物館とは、講義の概略、注意事項、成績評価など
2 博物館学とは 目的・方法・構成、博物館学史など
3 博物館の歴史@ 欧米の博物館の歴史、博物館の必須要素など
4 博物館の歴史A 日本の博物館成立と現状など
5 博物館の種類と機能 資料の種類による分類、機能による分類、博物館4つの機能など
6 博物館の資料 博物館資料とは、収集、管理、劣化の原因、収蔵庫など
7 博物館の機能と設備 博物館に必要な設備、資格、日本の博物館の現状など
8 博物館組織と職員 博物館を運営する職員、学芸員論、博物館と専門職の職業倫理など
9 博物館展示 展示とはなにか、展示の原理、展示の形式、展示手法など
10 調査研究 調査研究とは、博物館における調査研究の特性、成果公表など
11 教育活動 学校教育と博物館教育、生涯学習と博物館、博物館教育プログラムなど
12 博物館経営 理念・目的、予算、ミュージアムマーケティングなど
13 博物館と法 博物館に関係した法令など
14 これからの博物館 地域社会と博物館、ICTと博物館、博物館評価など
15 まとめ これまでのまとめ、質疑応答など
  期末試験

参考図書 博物館学概論 大堀哲編 学文社(2005年)
概説博物館学 全国大学博物館学講座協議会西日本部会編 芙蓉書房出版(2002年)
新編博物館学 倉田公裕・矢島國雄著 東京堂出版(1997年)
お知らせ 欠席をされた方で、休んだ回のプリントがほしい人はお知らせください。翌週持参します。


Copyright(C) 2015-2018, Masahiro Nomura